ドッグフードを安全に使うときの保存容器の選び方の正解は?

ドッグフードの保存容器

ドッグフード.保存容器

ドッグフードを安全に使うときにどうすればよいのかわからない人も多いのでは?
そんなあなたの為に
ドッグフードの種類別に調べてみました

種類別の保存容器

ドライフードの場合には水気がつくのはまずいので
密封度が高く、水分がドッグうふーどに移らない保存容器をえらんでください

 

ウェットタイプの場合には、容器ではなく保存場所
保存温度を間違えないようにしてほしいです

ドッグフード.保存容器

理想なのは冷蔵庫などの低温の場所で保存をしてください
ウェットフードは開封後はすぐ酸化をしてしまうので
早めに食べきるように心がけてください

口臭ケアも大事

犬の食事の後の息の健康のために
ドクターワンデルなどの口臭ケアを使うのが大事です

 

関連記事
ドクターワンデルの口コミ見てびっくり!ちわわを飼う飼い主の本音のトップページに戻ります